ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

アクアブラスターとも呼ばれる散気管

たくさんの水を利用し、汚れた水が発生する業務において、アクアブラスターとも呼ばれる散気管が使われている事もあります。散気管を通るだけで水は驚くほどきれいになります。

一度汚れてしまった水をきれいにするというのは容易な事ではありません。根本的に水を浄化するというのは高度な技術が求められます。散気管いわゆるアクアブラスターの製造を専門的に行っている会社もあります。散気管はなんと油分まできれいにしてくれます。

散気管はまるで魔法の様な機械だと感じられるかもしれませんね。汚れた水をそのまま流すと環境汚染につながる事も考えられます。顧客のみならず環境にもいい企業になりたいですね。

ファインバブルという世界最高レベルの散気管

ファインバブルは、世界最高レベルの酸素溶解効率を実現する超高性能の散気管です。ホースにつなぐだけで水の中に沈みますので、酸素量を増やしたい場合に設置工事なしでの対応が可能となっています。

季節的な高負荷時にのみ散気能力を高めて対応したい、というニーズがある場合などにおいては最適です。また、素掘りの池などで通常の散気管設置工事が困難である、といったケースにも対応できます。

ポリエステル繊維の微細孔から、大量のマイクロバブルクラスの超微細気泡を発生するため、最高レベルの酸素溶解効率を達成します。そのため、酸素溶解効率を極限まで高めることで省電力を図りたい事業所などに対し、非常に効果的な役割を果たす散気管として高い評価を得ています。

泡の発生装置ブロワーと散気管は連結している

散気管とは、言葉の通り「空気を散布するための菅」の事を言います。これだけでは想像がつきにくいと思います。実際に使われている場所が、浄化槽の内部です。浄化槽の底部付近に設置されており、泡となった空気が放出され、溜まった汚水を撹拌しています。

この撹拌により、微生物が活発に働き分解することで、汚水を徐々に浄化させていく仕組みです。散気管は、泡の発生装置であるブロワーと連結されています。ブロワーは、弁を高速に上下、または回転させることで、吸気と排気を繰り返しながら、散気管に絶えず空気を送り続けています。

散気管の設置方法

散気管の設置方法を理解するためには、高度な知識や経験が要求されることがあります。 そこで、隙間時間を利用しながら、各地の有力な業者やホームセンターのスタッフに問い合わせをすることによって、忙しい毎日を送っている人であっても、安心して行動をすることが可能となります。

もしも、散気管のメリットについて迷っていることがあれば、複数の情報源を上手く活用することが欠かせないテーマとしてみなされています。 その他、いくつかの製品の使い道をマスターするにあたり、プロのスタッフからアドバイスを受けることが成功の秘訣です。

活用したい散気管について

近年、テレビや雑誌などのメディアにおいて叫ばれている現代社会の問題の一つとして、環境汚染が挙げられます。液体中にガスを放出する散気管を使用することによって、洗浄や排水、汚水処理に対する装置が整えられるため、様々な対策へと繋がります。

空気や酸素などの浄化を目的として、グリストラップや浄化槽、排水処理、さらには洗浄の曝気の性能向上などに利用されています。また膜の洗浄、メッキ工場の散気、養魚施設の曝気などにも幅広く活用されており、環境対策における取り組みは日常的に欠かせないものとして認知されています。

水質保持に欠かせない必須アイテム散気管

漁業ようの魚の飼育に欠かせないのが散気管です。メッシュがパイプに張られていて、ガスを放出して水質を守ります。活魚業者、魚屋、魚の養殖業者、熱帯魚販売店などでも水槽に設置され、商売道具である水生生物を守っています。

水槽の大きさ、用途、予算に応じて様々な種類の製品から選ぶことができます。強度を高めた製品も登場し、より長く使用することができるようになりました。メンテナンスもこれまでほどする必要がなく、長期間使えるものが増えているので、コストパフォーマンスに優れていると評判です。

散気管に関する記事

ページトップ