ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

子供向けのオリジナルTシャツ

大人ばかりではなくて、子供もオリジナルTシャツを作る事もあるかと思います。幼稚園や保育所、もしくは小学校などでオリジナルTシャツを必要とする事もあるかもしれませんね。

その場合には、子供向けのオリジナルTシャツに対応してくれるお店を見つける必要があります。子供向のオリジナルTシャツは、小さいサイズが充実している事が重要になってきます。

中学生以降の子供であれば、大人向けのオリジナルTシャツでも対応できる場合もあるかと思いますが、それより小さい子供の場合であれば、少しサイズが大きすぎるという事もあるかもしれませんね。対応してくれるお店を見つける事ができればいいですね。

オリジナルTシャツを使うシーン

どの様なシーンにおいてオリジナルTシャツを使うのかという事について考えてみると、日常のあらゆる場面において活用できるかと思われます。すでにオリジナルTシャツを利用しているという人であったとしても、別のシーンで利用できる可能性もあるかと思われます。

また、自宅で利用する目的でオリジナルTシャツをする事ができるのはもちろんですが、職場でも記念品やノベルティグッズ、もしくはイベントなどに多いに活用する事ができるでしょう。オリジナルTシャツを使う事によって、みんなが盛り上がったり、自分で作った物を身に付けるという事で楽しめるでしょう。もっとオリジナルTシャツを活用してはどうでしょう。

オリジナルTシャツ作成で用意するもの

自宅でオリジナルTシャツ作成する方向にステンシルという方法があります。この方法で用意するものは、ステンシルシートやカッター、デザイン画、パソコンやプリンター、ステンシル専用のインクなどが必要になります。

この作成方法では、自分の好きなデザイン画でステンシルシートをくり抜き、Tシャツに直接インクで模様を付けていきますので自宅で手軽に行うことが可能です。オリジナルTシャツ作成は、業者に発注して作成することも出来ますが、子供から大人まで、簡単に楽しみながら作成することが出来ますので、ステンシルはおすすめです。

オリジナルTシャツを作成する流れ

オリジナルTシャツを作成する流れは、ある程度決まっています。まず最初に、作成費用がどの程度になるか見積りを業者へ依頼します。 この工程では、業者の公式サイトにある問い合わせフォームから依頼できる場合がほとんどです。オリジナルTシャツの種類やサイズ、カラーや枚数、デザインの大きさや位置などについて尋ねられるのが一般的です。その後、2~3営業日後に業者から返信が届きますので、金額を確認します。

見積もりの金額に納得できたら、実際にオリジナルTシャツ作成を依頼することになります。この時、プリントしたいと考えているデザインを、業者に入稿します。ただし、デザインのデータが不完全の場合、業者による修正作業に時間がかかるので注意しましょう。 デザインデータが決まったら、いよいよプリント作業に入ります。業者側の作業として、印刷前に製版を行う作業があります。デザインのプリント作業が完了すると、オリジナルTシャツが注文者へ納品される流れになります。

オリジナルTシャツの作り方

オリジナルTシャツは一体どのような所で、どのように依頼すればいいのでしょうか?社会人の人でも気軽に依頼することができるのはインターネットからの申し込みです。発注の段階から、実際にTシャツが届くまで一度も店舗に行かなくてもいい場合もありますので、時間がないという人にはピッタリです。

また現在ではオリジナルTシャツの作成だけを専門に取り扱いしている業者さんが数多くありますので、そういった所へ足を運んで発注するという手もあります。初めて作成するという人はわからないことも多いかと思いますので、実際に顔を見て話せるこちらのスタイルの方が楽ちんかもしれません。

オリジナルTシャツは普段も使える

イベントでしか着用できないと思われても、実は日常生活でオリジナルTシャツを使えます。少々恥ずかしい部分はありますが、イベントのTシャツだと思われなければ、別に着ても大丈夫です。

また家の中なら気づかれる可能性は低く、普通に着ても問題ありません。1回だけしか着ないのは、少し寂しい部分もありますから、できれば何度も着てあげることです。もちろん自分の好きな色だったり、絵柄が関連していないと着続けるのは難しいですが、それでも1枚Tシャツが増えたと思えばいいのです。オリジナルTシャツは普段の生活にプラスを与えます。

オリジナルTシャツに関する記事

ページトップ