ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

散気管のサイズに関して

飲食店や工場などに置かれている事もある散気管ですが、そのサイズはいろいろあります。大量の排水を処理しないといけない時には、大きくて強力な散気管が必要でしょう。

逆に小さい工場などでコンパクトな散気管がほしいという事もあるでしょう。実際に設置する際には、散気管を置く場所について考えないといけませんね。

時には工場内の機械の配置などを変更しないといけないという事も考えられます。また、2台以上の散気管を異なる場所に設置している工場もあるみたいです。サイズを把握しておき、工場内のレイアウトをよく考える様にしたいですね。そして効率的に仕事が進められる状態になる様に工夫したいですね。

ディフューザーとも呼ばれている散気管について

散気管とはディフューザーとも呼ばれている装置のことであり、微細な空気の気泡を大量に発生させて、水槽のなかの水を処理する働きを持っています。この散気管にはホースフレックスやアクアブラスターなどといった種類が存在し、それぞれに用途や取り付け箇所が違っています。

大型の水槽や、あるいは複数の水槽を所有している場合は、これらの装置を使い分けて使用する場合も多々あります。 また近年では開発が進んでおり、従来より高性能の散気管も登場してきています。例えばホースフレックスという装置はポリ塩化ビニールでできており、長さや配置箇所を調節できるようになっています。

水処理を変えたアクアブラスターの散気管

散気管の水処理が省エネとなるアクアブラスターは、水処理の常識を根底から覆した高い酸素溶解効率となって激しい水流にても優れた酸素効率を実現しています。

株式会社のAIENCEでは、水処理となる環境製品の数々を取り揃え、散気管のアクアブラスターでは、15年以上の実績と新しい水処理の技術で大幅コストダウンと高い省エネとなる消費電力ダウンを実現されています。悪臭ともなる微生物の代謝効率も微細気泡の技術で効率のいい高速な分解と浄化を可能にしています。お問い合わせは気軽にサイトのフォームからできるようになっています。

散気管の循環水処理の機能について

循環水処理のテクニックを身に着けるにあたり、利便性の高い散気管の使い勝手の良しあしを見極めることがおすすめです。最近では、このような魅力的な商品の選び方に注目をしている経営者が少なくありませんが、定期的に依頼先のシステムの内容をじっくりと理解することが求められます。

一般的に、高性能の散気管のアフターサービスの内容に関しては、それぞれの業者のスタッフの経歴に大きく左右されることがあります。そこで、なるべく顧客対応の良い業者に相談を持ち掛けることによって、いつでも余裕を持って対処をすることが可能となります。

散気管のメンテナンスについて

汚水や雑排水をきれいな水に変化させる浄化槽は、槽内で微生物が活発に働いています。この微生物も私たち同様、行動するためには酸素が必要です。空気を送る装置をブロワーと呼び、ブロワーから送り出された空気は、散気管を通って浄化槽内の底部に固定されていますが、微生物が多く繁殖しすぎてしまうと、散気管の目詰まりを起こしてしまうことになります。

目詰まりにより空気量が低下し、微生物の繁殖が抑えられてしまいますので、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。具体的には槽内から取り上げ、付着している微生物やゴミを取り除くことになります。この作業はメンテナンス契約している浄化槽管理士が行ってくれます。

散気管から放出された泡によって微生物が働く

汚水処理装置に浄化槽があります。浄化槽に流入した汚水は沈殿槽に入ります。そこで重いものは沈殿し、上澄み液は次のばっ気槽に入ります。ばっ気槽では、ブロワーから送られた空気が散気管を通って、泡となって放出され、槽内を攪拌します。

この時、ろ材に付着している微生物や浮遊している微生物によって、少しずつ浄化されていくわけです。更にきれいになった上澄みは、消毒槽で消毒され、河川などに流れていきます。浄化槽から出た水が汚れている場合は、何らかの工程が上手く働いていない証拠ですので、維持管理会社に連絡し点検してもらいましょう。

散気管に関する記事

ページトップ